バストアップにツボが効果的!?どこを押せばいいの?

バストアップは、女性にとって永遠の課題ではないかと個人的には思っています。

 

胸がしっかりあると洋服の着こなしもカッコよくなるし、なんか自信が付きそうですよね。
昔から、バストアップの方法は色々とウワサされています。

 

そんなウワサの中から、バストアップに繋がるツボについて調べてみました。

 

ツボと言えば、肩こりや腰痛の時にマッサージと同じ感覚で押したりしますよね。

 

東洋医学の研究結果で、色々なツボが体に良い効果を与える事が判っています。

 

ツボには色々な効果があるそうで、中にはバストアップ効果が期待できるツボもあるんですよ。

 

 

まず、バストアップに効果があるとされるツボが、どんなものなのかをご紹介しますね。

 

東洋医学では、人の身体には14本の経路があると言われています。
この経路の上にツボ・経穴があると言われています。

 

経路の流れが滞ってしまうと、身体に不調をきたすんだそうです。
経路上のツボを押す事で経路の流れがスムーズになり、身体の不調も改善すると言う訳です。

 

でも、身体の不調を改善するだけだったらバストアップには繋がらないですよね?

 

ツボの中には、女性ホルモンの分泌を促すツボがあります。
他にも血行をよくするツボもあります。

 

この二つ、女性ホルモンと血行はバストアップにとても重要な要素なんですよ。

 

ツボを刺激することで、女性ホルモンの分泌が促され血行も良くなる事で、バストアップに繋がると考えられているんです。

 

 

では、具体的にどのツボが良いのかを紹介しますね。

 

壇中(だんちゅう)

胸の谷間の真ん中あたりに少しだけ窪んだ所があるんですが、そこがツボになります。
このツボは、女性ホルモンの働きを促すそうですよ。

 

 

天渓(てんけい)

乳首から横に移動したワキにあるツボです。
位置がわかり難いと思います。

 

あたりをつけた位置の周りを押してみて、軽い痛みを感じる部分があれば、そこがツボになります。
このツボを押すと、乳腺への刺激に繋がります。

 

 

中府(ちゅうふ)

このツボも判りにくいのですが、鎖骨と肩が繋がるあたりにくぼみがあります。
そのくぼみからさらに3cmくらい下にツボがあるそうです。

 

リンパの流れがよくなり、バストアップに繋がるそうですよ。

 

 

ツボを押す時は、1回あたり3〜5秒くらい押し続けてください。
これを、3〜5回くらい繰り返します。
新陳代謝が上がっている状態で行うと効果が期待できるそうなので、バスタイムなんかに行うと良さそうですね。