クーパー靭帯は一度切れると元には戻らない!切らないように気をつけるには?

バストの悩みは胸の小さな人だけのものではありません。

 

胸の大きな人も、これからバストが垂れてきたらどうしようなんて悩みを持っていたりします。

 

胸が大きければ大きいほど重力の力も強く影響するので、バストが垂れやすくなることはあります。

 

バストの形を長い期間美しく保ちたいと思うならば、「クーパー靭帯」を気にしてみて下さい。

 

 

では、クーパー靭帯とは何でしょうか?

 

クーパー靭帯とはバスト全体を支えるコラーゲン腺維の束のことを指しています。

 

このコラーゲン腺維の束は、乳腺や脂肪を筋肉や皮膚に繋ぎとめる役割を持っています。

 

つまり、バストの形を支えているのは、クーパー靭帯なのです。
靭帯と言うものは、通常は筋肉の様に伸び縮みしません。

 

でも、クーパー靭帯は稀に伸びることがあります。
また、場合によっては切れてしまうこともあるんですよ。

バスト全体を支えている靭帯が切れてしまったら、バストは美しい形を維持することができなくなりますよね。

 

恐ろしいことに、クーパー靭帯は伸びたり切れてしまったらそれまでなんです。

 

骨や筋肉の様に再生することはありません。
つまり、一度クーパー靭帯が切れてしまうと、バストの形が崩れたままになってしまうんですね。

 

 

美しいバスとを保つ為には、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしない様に生活しなければなりませんね。
では、どんなことをするとクーパー靭帯は伸びたり切れたりしてしまうのでしょうか。

 

クーパー靭帯は、バスト自信の重みによって伸びてしまうことが確認されています。

 

普段の身体の動きによってバストが揺れると、それだけクーパー靭帯に負担が掛かっていると言うことですね。
バストの大きい人の胸が垂れやすいのは、クーパー靭帯への負荷が大きいからと言うことなんですね。

 

また、加齢もクーパー靭帯を傷つける要因の一つだったりします。
人の身体の結合組織は加齢によって緩んでしまいます。
クーパー靭帯もまた、結合組織の一つなので加齢によって緩んでしまうのですね。

 

 

では、こんなクーパー靭帯をどうやって守ってあげたら良いのでしょうか。

 

実は、ブラにも対象年齢があると言って良いそうです。

 

20代のバストと40代のバストでは、ハリが違ってきてしまいます。
40代が20代のブラを着けると、アンダーは合っているのにブラの上部に隙間が出来てしまったりします。

 

バストが柔らかすぎるんですね。
バストが柔らかくなった40代は、柔らかいバストを補うブラジャーを着けた方が良いんですよ。

 

それと、若い頃でも運動をする時はスポーツブラを着けることをおすすめします。
運動中はとてもバストに負荷が増えます。
スポーツブラで負荷を軽減してあげましょう。

 

あなたも、クーパー靭帯を切らないように普段から気をつけましょう。