バストアップしても、副作用が心配です・・・。

 

LUNA(ルーナ―)ハーバルサプリは30代以降でもバストアップが目指せるサプリです。

 

口コミをチェックしていても、30代以降の女性の口コミばかり。
多くの大人女性がLUNA(ルーナ)を選んでいますね。

 

口コミに関しては【気になる30代の口コミは?本当にバストアップ効果ある?】をチェックしてくださいね。

 

 

「LUNA(ルーナ)でバストアップできるのはいいけれど、副作用ってないの?」
と心配されている人も多いみたいです。

 

バストアップに効果が高いと、それだけ副作用も心配になるものですよね。

 

そこで、今回はLUNA(ルーナ)の副作用について説明したいと思います。

バストアップサプリの副作用について

 

バストアップサプリの副作用を心配されている人は、多いですね。

 

「バストアップサプリを飲んだら、頭が痛くなった。」
「何だか体がダルイ・・・。」
「生理の不正出血があった!」

 

などなど、確かに副作用について多く口コミもチェックできます。

 

この副作用がおきる原因が『プエラリア』という成分です。

 

『プエラリア』はバストアップには欠かせない成分です。
女性ホルモンと似た働きをしてくれます。

 

女性ホルモンと似た働きをしてくれることで、バストアップにも効果があります。

 

では、どうして副作用が起きるのでしょうか?

 

それは、『プエラリア』の過剰摂取が原因です。

 

「早く胸を大きくしたい!」
と思うあまり、プエラリアを過剰に摂ってしまう女性もいます。

 

決められた容量を守らず、1日1粒飲むところを2粒、3粒と飲んでしまう。

 

そうすると、当然『プエラリア』の過剰摂取になります。

 

『プエラリア』を過剰摂取すると、女性ホルモンのバランスか崩れてしまいます。
その結果、頭痛、生理不順、不正出血、倦怠感など様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

さらにいうと、バストアップサプリの中には、プエラリアの含有量が非常に多いものもあります。
1日400mgや300mgも配合されているバストアップサプリもあります。

 

プエラリアの原産国であるタイでは、1日の摂取量を100mgまでとしています。

 

日本では、プエラリアの摂取量に関して規制がありませんので、100mgを超えるバストアップサプリが普通に流通しています。

 

プエラリアはバストアップに非常に効果があります。
効果がある分、配合量を多くしたサプリが売られ、私たちも焦る気持ちから多めに摂ってしまう傾向にあります。

 

LUNA(ルーナ)は副作用の心配は?

LUNA(ルーナ)では2種類のサプリがあります。

 

排卵から生理までに飲むサプリ
生理から排卵までに飲むサプリ

 

排卵から生理までに飲むサプリには、『プエラリア』は使用されていません。
プエラリアは、生理前には摂取しない方が良いとされています。
生理前の女性ホルモンのバランスを崩してしまうためです。

 

そのため、LUNA(ルーナ)では、排卵から生理までの期間はプエラリアを使用しません。

 

代わりに『ワイルドヤム』という成分を配合しています。

 

生理前に働きが盛んになる女性ホルモン『プロゲステロン』の分泌を促します。
この働きにより、女性ホルモンのバランスは整い、バストアップにつながります。

 

 

そして、生理から排卵までに飲むサプリには『プエラリア』を配合しています。
配合量は100mgです。

 

プエラリアの原産国タイと同じ容量となっています。

 

プエラリアは、きちんと容量を守って使えば、バストアップに効果があります。

 

大事なことは、プエラリアを使う時期と容量です。

 

LUNA(ルーナ)では、ちゃんと時期も容量も考えられています。

 

「早く胸を大きくしたい!」
と思うのなら、ちゃんと容量を守ってバストアップを目指しましょう!

 

 

「それでも、やっぱりプエラリアの副作用が心配。」
というあなたには、ピンキープラスをおすすめします。

 

ピンキープラスは、プエラリア使っていないバストアップサプリになります。

 

プエラリアが配合されていませんから、副作用の心配はありません。

 

プエラリアを使用しないバストアップサプリもあるんですよ。

 

詳しくは公式サイトを見て下さいね。

 

⇒プエラリア使っていないから安心!ピンキープラスの詳細はこちら